新型コロナウイルス感染症が拡大するにあたり、売上に多大な影響を受ける経営者は気が気でないと、心中察するに余りある。

 

経営者におかれては、コロナウイルスに嫌気がさし、どうしてもネガティブな考えになりがちのことと思う。

 

こういう時こそ、普段は忙殺され、つい後回しになっていた事業承継のことを考えてはいかがだろうか。

 

まず、現在の経済下においては自社株(ここでは非上場株をいう)が下がることが予想される。

 

これは、非上場株の評価の特徴にある。

 

何故なら非上場株価は、自社が経営する業種と同業種の上場株の価格を基に算定される場合が多いからである(純資産価額で評価するケースもあるので、一概には言えないが)。

 

今まで高かった自社株が大幅に安くなることも考えられるので、その時の株価を見逃さないようにしないと景気が回復してから「あの株価の安い時に、少しでも株式贈与しておけば良かった」ということにもなりかねない。

 

この時期、給付金、助成金、家賃補助などの申請はもちろん大切ではあるものの、自社株の見直しもお忘れなく。

このサイトはスマートフォンの
画面を立ててご覧ください。