記事一覧に戻る

前号の続き。

おもな「種類株式」「属人的株式」のメリット・デメリットを簡記してみた。

 

➀種類株式~配当優先株を例として~

 

【メリット】

・株主全員の同意不要(特別決議にて対応可)

・株式移動においても効力を維持できる

 

【デメリット】

・登記必要

・追加出資が必要

・有利発行とならないよう価額設定が必要

 

➁属人的株式~VIP株を例として~

 

【メリット】

・定款の変更のみで対応可

・新規株式発行不要

・登記不要

 

【デメリット】

・株式移動がある場合、効力が失われる

・「譲渡制限のある会社」に限られる

・特殊決議必要

 

色々違いがあるが、特徴的な相違点の一つとして「種類株式」が登記事項であるのに対し、「属人的株式」は定款変更であるため、「種類株式」は外部からうかがい知ることができるが、「属人的株式」は知られることがない。

このサイトはスマートフォンの
画面を立ててご覧ください。